燃費を上げるにはブレーキの使い方がポイント ~ ガソリン値上げ対策!ガソリン代を浮かせる11のテクニック

main_top_over_navi
main_top

燃費を上げるにはブレーキの使い方がポイント

燃費のアップを考えたとき、特に気をつけたいのは「急ブレーキ」「急加速」「急発進」になりますね。

この中でもブレーキの使い方は、運転される方によって大きな違いが出てきます。

例えば、進豪の直前になってからブレーキを使って減速をする人と、赤信号の何メートルも手前からアクセルを使うのをやめて、ブレーキを極力使わない人がいるとします。

この場合であれば、ブレーキを出来るだけ使わない車の方が、燃費アップが期待出来ます。

まず自分がどんな風にブレーキ操作をしているのか、運転をしている時に確認してみてください。

この他にも、前を走っている車との車間距離の取り方も大切です。

ぴったりとくっつき過ぎないよう、車間距離を長く取るようにするといいですよ。

また、エンジンブレーキを使って減速が出来るようなら、運転中に取り入れてみてください。

特に坂道を下るとき、ずーっとブレーキを踏んだままでは、エネルギーもどんどん使ってしまいます。

ですが、エンジンブレーキを取り入れる事で、エンジンに必要のないガソリンを使う必要もなくなります。

体感的には、エンジンブレーキを使って坂道を降る場合と、ニュートラルにして降る場合に違いはあまり感じませんが、燃費アップの事から考えると、大きな違いが出てきます。

ただ、ニュートラルにする事で燃料のアップになる、と勘違いしている方もいらっしゃるかもしれませんが、それは違うので注意しましょう。

もし通勤や仕事などで坂道をよく利用する場合、意識して切り替えるようにすると、燃料のアップが期待出来ますよ(*^_^*)


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 ガソリン値上げ対策!ガソリン代を浮かせる11のテクニック All Rights Reserved.