タイヤの空気圧が燃費に影響する ~ ガソリン値上げ対策!ガソリン代を浮かせる11のテクニック

main_top_over_navi
main_top

タイヤの空気圧が燃費に影響する

燃料アップを考えたとき、特に「タイヤの空気圧」は重要になってきます。

当たり前の事ですが、タイヤがパンクしている車で走るのは、とても難しい事ですし無駄なエネルギーが必要になりますよね?

それと同じで、空気圧が減っているタイヤだと、必要以上の燃料が必要になってしまうので、タイヤの空気圧にも注意する必要があります。

タイヤの空気圧がなりない状態だと、タイヤが弛んでしまい、地面と接する面積が増えてしまうので、エネルギーも必要以上消費してしまいます。

ほんの少しの走行なら、余り考えた事がないかもしれませんが、今皆さんが乗っている車の空気圧は正常な状態ですか?

特に長距離を走る予定があるなら、ちょっとした空気圧の低下が燃費の違いに繋がるので、長距離を走る予定のある方は、事前に確認をしておきましょう。

ただ一つ注意して欲しい事に、燃料アップの事を考えてタイヤの空気圧を高めにしてしまうと、長距離を走った時にタイヤが熱を持ってしまいます。

タイヤが膨張してしまうので、注意して下さい。

つまり、燃料のアップを期待するなら、適切な空気圧を守るようにするという事が大切です。

車のライトが切れてる、エアコンの効きが悪いなどは、意識していなくても分かりますよね。

ですが、タイヤの空気圧は意識していないとわかりません。

もし自分で点検するのが難しいようなら、給油の時にスタッフにお願いしたり、メンテナンスの為に専門店に行った時に確認してもらうようにしましょう。

また、長期間タイヤの空気圧をチェックしていない、または空気を入れていない場合、出来るだけ早めに整備をして下さい。

長期間タイヤの空気圧が低い状態だと、タイヤの劣化を速めてしまいます。

燃料アップだけでなく、タイヤの寿命の事を考えても空気圧のチェックは重要になりますよ。

豊富な品揃えと業界最安値。タイヤを買うならここ。
http://www.autoway.jp/


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 ガソリン値上げ対策!ガソリン代を浮かせる11のテクニック All Rights Reserved.