高速道路を利用する時に出来る燃費アップの方法 ~ ガソリン値上げ対策!ガソリン代を浮かせる11のテクニック

main_top_over_navi
main_top

高速道路を利用する時に出来る燃費アップの方法

仕事上、頻繁に高速道路を利用する方もいらっしゃいますよね。

長距離を短時間で移動出来ると魅力的な高速道路ですが、燃費アップの対策などはしていますか?

高速道路の合流地点で燃費アップを考えた場合、出来るだけゆるやかに加速した方が良い気がしますよね。

ですが、これは市街地の場合になります。

市街地で急加速をしてしまうと前が詰まってしまい、ブレーキを踏む事になってしまいます。

ただ高速道路の場合はそのままの速度で走る事が出来るので、フル加速をするようにしましょう。

特に高速道路は一般道に比べ、渋滞等がない限り止まる事はありませんよね。

さて、一般道を走る時の燃費アップのコツなどは分かっていても、高速道路での燃費アップのコツはご存知ない方も多いのではないでしょうか。

そこで少しご紹介すると、高速道路を走る時に重要なのは「空気抵抗」になります。

速度が速くなると空気抵抗も増えてしまうので、大体80キロを目安に運転をするといいですよ。

また、一般道と同じ方法で燃費アップが期待出来るのは、加速と減速を繰り返さないという事ですね。

加速が出来たらギアは一番高いものをキープするようにし、一定のスピードを保つようにしましょう。

そして高速道路を下りる時は、燃費アップの事も考えて少しずつアクセルを緩めていきます。

自然と減速するようにし、料金所が近付いてきたらフットブレーキではなく、エンジンブレーキを使って止まるようにすると、でも燃費アップを期待する事が出来ますよ(*^_^*)


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 ガソリン値上げ対策!ガソリン代を浮かせる11のテクニック All Rights Reserved.