加速の仕方で燃費は変わる ~ ガソリン値上げ対策!ガソリン代を浮かせる11のテクニック

main_top_over_navi
main_top

加速の仕方で燃費は変わる

上手な加速方法を身に付けると、燃費アップも大きく期待する事が出来ます。

車を運転する時に、本当に今アクセルを踏む必要があるのか...等を毎回考えるようにしてみてはいかがでしょうか。

例えば「赤信号に近付いているのに、いつまでアクセルを踏もうか...」等ですね。

遠くにある信号が赤になりそうな場合、アクセルから足を離して余力で走ればある程度速度が落ちてからブレーキをかける事になります。

ブレーキを無駄に踏む事がなくなるので、燃料のアップにつながりますよ。

つまり極力無駄を無くすような運転をする事で、燃費のアップが期待できる訳です。

また、信号が青になった途端に急加速をして走り出す人もいますよね。

実はこのような運転は、かなりのエネルギーが必要になります。

後続車に迷惑がかからないスピードで走りだせば良いので、もしも無駄に急加速をしているなら気を付けてみてくださいね。

とは言っても、高速道路の合流点等は加速しなくてはいけませんよね?そのような所では加速をしましょう。

基本的に加速をする時は、「一定の速度を保てる速度まで上げる」なので、速度を上げ過ぎないように気を付けてください。

燃費アップの事を考えながら車のスピードを60kgまで加速したい時、それ以上はスピードが出ないようにアクセルを踏みましょう。

制限速度の事もあるので、スピードが出過ぎてしまうとブレーキを踏まなくてはいけない場面も出てきます。

加速のし過ぎでブレーキを踏むのは燃費の事を考えても無駄な事なので、発進する時はゆるやかに加速するように心掛け、ある程度加速したらアクセルを踏む時間を短くするようにすると、燃費アップに繋がりますよ(*^_^*)


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 ガソリン値上げ対策!ガソリン代を浮かせる11のテクニック All Rights Reserved.